長谷川孝

hasegawa株式会社あえるば 代表取締役社長
長谷川 孝(はせがわ たかし)

hasegawa@aeruba.co.jp
http://hasegawa.aeruba.co.jp/
https://www.facebook.com/hasejapan/

米国ワシントン大学経営大学院エグゼクティブプログラム短期留学修了
統計士、データ解析士
著書:「実践 統計分析の基礎」2005年 万来舎刊

1973年
大阪府に生まれる。

1995年
東海大学政治経済学部経済学科数理経済課程 修了

1995~2000年
大学卒業後、正社員→アルバイト→個人事業主→派遣社員→正社員・・・と、様々な場所で様々な人と様々な形態の働き方をしました。その経験から、「仕事は何をするかよりも、誰とするかが大事」ということを感じ、それを現在の自身の活動の中心に据えています。

2005年
それまで東京にあったシンクタンク藤原事務所(現あえるば)が小田原に引っ越し。
職住接近。今までほとんど無関心だった「生きることの根幹」に触れる機会が多くなる。このころから社員ひとりひとりの自立を目指した活動が本格的になった。

初の書籍「実践 統計分析の基礎」を出版。
過去に統計士、データ解析士(財団法人実務教育研究所認定)を取得し、統計講座を開催していたこともあったので、勧められて執筆することに。もちろん人生初の経験。統計という難しいと思われがちな内容だけに、いかに分かりやすく親しみやすくするかに注力したが、なんと出版後に数値の間違いがあることを読者の方からご指定をいただき、大ショックを受ける。何度も見直したつもりだったのに・・・。統計という数値を扱う書籍だけに数値の間違いは避けたかった・・・。出版の喜びと誤植のショックとが絡み合った複雑な初出版となった。

2007年
小田原市倫理法人会に入会。
小田原での横の繋がりを得たいと思っていたところに、モーニングセミナーと銘打って早朝から経営者が毎週勉強をしているという会を知り、飛び込みで参加してみる。怪しい雰囲気、ヤバイところに来てしまったと思いきや、これがなぜか現在まで続いている。いろんな人や話や出来事との出会いからいろんな気付きや学びがあるからだろう。

2010年
シンクタンク藤原事務所(現あえるば)2代目社長に就任。
社会人になってすぐに退職して、アルバイトをしていた時期には、まさか自分が社長になるとは夢にも思わず。人生どこでどうなるか分からない。

2012年
米国ワシントン大学の経営大学院グローバルビジネスセンタービジティングエグゼクティブプログラムの短期留学を修了。
学ぶ環境の大切さ(設備等はもとより、誰に学び誰と学ぶか)を実感。ただ、「人間、学ぶ気になればどこにいても学べる。自身の意識次第」であることも同時に実感する経験。

現在
リーダーシップに関する講演・研修・執筆、企業内での社員研修等に携わっている
2000年に出会った米国のワシントン大学でのベティン教授によるリーダーシップ研修はその後の自分の変化につながる大きなご縁だった。昔から歴史小説が好きで、特に戦国時代が好きだったことから、ある方と三国志の話で盛り上がり、そのご縁から「戦国武将に学リーダーシップ」を情報誌に寄稿させていただいたり、リーダーシップ研修のお仕事をいただいたりもした。人との縁はいつどこで生まれるか分からないが、自分の人生にとってこれほど大事なものはない。
まさに「誰と」が大事。

またその他に、従業員満足度アンケート調査も手がけています。